ブログトップ

Works in the Shell annex @ まったり

shellannex.exblog.jp

Shell ノ タメノ 自作自演 ついった→ @WitShell

代々木公園 ポートレート(続き) D3


人気ブログランキングへ
 ←応援クリックお願いします!

ハイ、こんにちは! Shellです!
D3Xについてブチブチと語りたいことも多いのですが
(せっかくですし)

さすがに写真が遅れすぎていますので

代々木のポートレートを貼りつつ!

c0157702_2354381.jpg


モデルはやよいさま


現在のランキングはコチラ

にほんブログ村 写真ブログ 女性写真へ




 雨雲が晴れて、結構光が差し込んだ午後の紅葉です。
 やっぱり、色がパキっと出ていいですよね!

c0157702_2355460.jpg
c0157702_23551847.jpg
c0157702_23552814.jpg
c0157702_23553811.jpg
c0157702_23555059.jpg
c0157702_2356398.jpg
c0157702_23561319.jpg
c0157702_23562420.jpg
c0157702_23564681.jpg



 さてそれでD3Xですが。

 値段のことを言ってしまったら、買えないものは買えないですが、無体な価格ではないのは理解できます。キヤノンのフルサイズハイエンドも、このあたりの価格帯ですし。

 需要がそれほど多くもなく、値段も下げられないのは理解できます。もちろん、プロ機であっても報道でそれなりの数が出るD3「より少ない」という意味ですが。逆に言えば、2400万画素が必要で、それなりの信頼性を持ったボディが必要な向きには「この値段でも売れる」というニコンさんの自負を感じます。

 趣味ではなくビジネスのカメラだと思うので、きちんと利益を生むカメラと考えれば、値段はそれほど問題になりません。法人または個人事業主として購入して、減価償却しながら節税対策に使えるわけで、機材の価格が幾らであってもかまわないわけです(カメラでそれをやったことがないので想像だけで書いてます。苦労はあると思いますが、業務用の物品の一般論として)。

 昨日のエントリーでも書きましたが、他社でも2000万画素超のフルサイズは出ています。しかも比較的お値ごろ価格の機種もあります。でも、D3Xは、おそらく(D3の感じから)ミラーがバコンと動いたりすることもなく、周辺画像が流れるようなこともありません。

 ニコンさんは基本光学屋ですから、周辺までクオリティが維持できるような仕組み(倍率色収差の補正処理)と、レンズ群から先に準備してきました。

 35mmカメラのシステムを使って、きちんと周辺までしっかりした「写真」が出力されるならば、単なる高精細画像を撮るためのデジカメではなくて、確実な存在感があります。大風景を中判で撮ったり、ハイクオリティな大伸ばしをする人には、隅々まで像がクッキリ写った写真は、魅力的なものでしょう。しかし趣味で使うには、よほどの御大尽でなければ、手が出せない……

 しかし、この「趣味では到底手が出せない」というところがミソなのだと感じます。

 プロカメラマンが写真を売るためには、「似たような写真を、シロウトが容易に撮れる」状況はむしろマイナスです。それがニコンさんが仕掛けているマーケティングではないでしょうか。趣味のカメラマンがホイホイ買える値段で出さないことも、売り物の「写真」の価値を維持するための作戦と感じます。これは、うがち過ぎでしょうか。

 それに、2400万画素という数字自体は、大したものではないと感じています。1200万画素と比較すると数字は2倍ですが、面積比では1.5倍にもなりません。この面積比は、サイズを小さくしてみると、A4用紙と、B4用紙の違い程もありません。

 2400万画素あれば、「どこまでも拡大できる」と、まるで夢の機材のように語る方も居ますが、であれば1200万画素でも「その大伸ばしのポスターの70%の面積までは拡大できる」と言うのが計算上正しくなります。

 もちろんその30%が非常に重要な向きもあるでしょうけれど、2400万画素ならば大伸ばしができて、1200万画素ではできないというのは、数字が引き起こしている錯覚でしょう。

 もちろんこれも、その錯覚が悪いというわけではなくて、むしろその錯覚を利用して、クライアントと渡りをつけるためには有効だろうと思います。私はカメラの仕事ではないですが、数字的なインパクトや、さらには「ハッタリ」というものは、詳しく知らない人にほど有効ですからね……

 それでは本日もご覧頂いて、ありがとうございました!

にほんブログ村 写真ブログ 女性写真へ

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします!
[PR]
by shellaneko | 2008-12-03 00:07 | 人物・ポトレ | Comments(2)
Commented by nuages at 2008-12-23 09:39 x
はじめまして、D3Xについて記されている事、ほぼあたりと思います、実際長年のニコンユーザーをD100で打ち上げ1Dsに乗り換え
現在は1DMⅢを使う者として実感するところです。
ニコンがD1を出す以前のニコン、キヤノンベースのコダック製は画素数は忘れましたが300万というものでした、現在でもそれを必要とするプロは、フェイズ、ジナー、ハッセルなどの500万もするカメラを
使っています、私のような者でも今年の還付金が30ほどだったの
で単純に言えば3年分で買える訳です。
画素数の件、以前の1100の1Dsでも現像時に最大の250%まで
拡大しあとはCSで補いB2ポスターまで使えます。
1600のMⅡで等身大の店頭ポップの撮影をしたカメラマンもいます
昔初代1DからA3に印刷されたことも、小さく扱うイメージカットの
つもりで撮っていたのに。
時々全紙まで伸ばせますかと聞かれます、全然問題ないですと
答えます、あとは本人の納得次第と。
キヤノンも他社の動向を見て2000オーバーで5DMⅡを出した感が
代々木公園、イチョウの絨毯にモデルさんに寝そべってもらったのは、もう何年前だろう良いお天気ですね。
Commented by shellaneko at 2008-12-26 00:14
ベテランの方からのお言葉、ありがとうございます。
また、ニコンにはお戻りにはなりませんか?(笑)

代々木公園のイチョウは、綺麗ですね。
撮影だけでなく、とても好きな空間です。