ブログトップ

Works in the Shell annex @ まったり

shellannex.exblog.jp

Shell ノ タメノ 自作自演 ついった→ @WitShell

D5000で植物を撮ろう


人気ブログランキングへ
 ←応援クリックお願いします!

ハイ、こんにちは! Shellです!
D5000では、鳥やお花も撮っているんですが……
なんというかわざわざ貼るまでもなく(苦笑)

普段撮るのは、「植物をテーマにステキな写真」みたいな感じじゃなくて
ただ植物を撮っているだけな感じのシロウト写真です。
ボクダケノ世界で、見せる用ではないというか。そんな画で恐縮ですが

c0157702_511315.jpg


これなんかは、画としてはほんとどーでもいいかんじですが

ネギボーズと魚眼レンズと、
そしてバリアングルLVが無いと色々撮りにくいよねってことで!


現在のランキングはコチラ

にほんブログ村 写真ブログ 女性写真へ





続いて木。木の写真好きなんですよね。

c0157702_5124558.jpg


私もなれるものならば、木になりたいですね。
安定感が、ニンゲンと段違いですから。これほどドッシリと
揺るがずに、ゆっくりと生きることは、動物には難しいです。

そしてこの、地上にのびた分と同程度の根っこが
地面の下に伸びていることを想像してみてください!

というような高さを出すために、地面すれすれからのアングルで
撮っているので、やっぱりバリアングルLVがいいですね!
(あ、そういう記事です)

c0157702_5131069.jpg


もうちょっと木を続けますが。
幹に寄り添って見上げたような、こういう撮り方も好きなのですが。

やったことがある人は解ると思いますが、頭でカメラをささえて
真上を見上げる感じで、これもくたびれるんですよね。
その姿勢でグルグル回ったりアングルを変えたり。

ということで(略)

c0157702_5132529.jpg


そんでシャガ。これはバリアングルLVとどうからむか……

実際に、お花を写したことがあるかたは、同時に3つのお花にピントをあわせるのが
どれくらい大変かは察して頂けるかと思います。
これは被写界深度を稼いでいるのではなくて、
3つのシャガが作る空間内の1つの平面に対して、
垂直をなすアングルから撮影をしています。

幾何学のお好きな方ならば、三点が空間に作る平面は
一つしかなくて、その面(ピント面)に直交できるアングル(角度)は、
1つしか無いことはお分かりになると思います。
(そういう意味で、幾何学構図なんですよ。説明うざいですが)


このアングルをファインダーを覗きながら探るのは本当に難しいです。
空間を見ないでファインダ世界に入ってしまうので、大変厳しい!
ということで、LVのMFです。
カメラの傾きと、お花の作る平面が同時に見えますので。
それに、液晶画面の角度がフリーになるでしょう?
まあ、なんとなく、「伝わらないだろうな!」とは思ってますが(笑)


c0157702_5142959.jpg


確かに、LVのAFは遅くて静物を撮るのもかったるいというのはありますが
まあ、MFをするには2.7インチの液晶は悪くないです。
最近結構、乱視がひどいので、ファインダで単眼視をするよりは
両眼視できるLVモニタの方が、まだマシという感じですね。
ほとんどボクダケノ都合ですが。



それでは本日もご覧頂いて、ありがとうございました!


女の子写真はコチラで! → 人気ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ 女性写真へ

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします!
[PR]
by shellaneko | 2009-05-15 05:18 | 鳥・自然・花