ブログトップ

Works in the Shell annex @ まったり

shellannex.exblog.jp

Shell ノ タメノ 自作自演 ついった→ @WitShell

D3 vs D100, D2H, D80, D40

対決記事か!? というわけではなくて。
D3の画作り機能、ピクチャーコントロール の検証作業。

アキバの古い写真をそのまま出すのもなんだから、そういう記事にしてみたという企画(笑)

まずは、往年の機種で、D100

c0157702_225521.jpg


左が、D100のRAWから標準設定で作ったもの。右が、ピクチャーコントロール スタンダード。



RANKING挑戦中 ←こういう記事もいいな、と思っていただければ1日1回、クリックしてください
人気ブログランキングへ




かなり古い機種であるD100とはやっぱり表現が全然違う。
中間調が標準でもうんと持ち上がっているし、色の乗せ方も派手だ。
でも、その分、顔が平坦に見えないかな?


続いて、D2H 。 悲運のカメラだ。

c0157702_229598.jpg


でも、はまれば左のD2Hのそのままの画も悪くない。ISO200限定で、
RAWから現像すればポートレートでも使える画質だと信じている。
アップ目が多くなるし、トリミングできないけど……。

D2Hの画ってもともとコクがあるから、ピクチャーコントロールのこってり感と相乗効果で
かなり濃い色に見えるね。


続いて、ちょっと時代が飛んで、「明るいニコン色」が出始めたD80。
ここからは、ニコンユーザならご存知、カラーモードIaの機種になります。

c0157702_2325451.jpg


驚いたことにD80が一番差がなかった。でもやっぱりオレンジ色のお肌になっている。
また、顔のトーンがフラットになっているでしょう?
この、オレンジ肌と、顔がフラット、そして色が濃い…… というのが、
ピクチャーコントロール スタンダードが抱える「問題」ではないかと思う。

撮り方が悪いだけと言われればそこまでですが……
この写真のように、肌にハイライトが入らないシーンで、正面からフラッシュを炊くと
こんな平坦な雰囲気になりやすいようです。


最後は、小ぶりな名機、D40。これもIaで現像。

c0157702_236713.jpg


D40のIaは基本はソフトモードの画だけど、色以外は、「標準」にしてますよ。
派手派手カメラのD40を軽く超えていくピクチャーコントロールのスタンダードは、
やはり到底スタンダードとは思えないのです。

私のカメラ遍歴が、D40の後にフジのS5にいったこともあって、
このオレンジ肌はちょっと…… 悪くは無いけれど、扱い難いところもありますね。
色はともかく、このあがりすぎてしまう中間調は、
レタッチもフィニッシングにも、やや向かないのではないでしょうか。

そんなときのために、D2Xエミュレーションモードがあるわけでしょうし、
そもそも、被写体の正面からフラットなフラッシュ光を炊く撮影が、
まともなライティングではないのは判ってはいるのですが……

アキバでこう、色々撮っている身としては、ちょっとさびしいかな(笑)



RANKING挑戦中 ←お気に入りいただけたら、1日1回、クリックしてください
人気ブログランキングへ
[PR]
by shellaneko | 2008-01-15 02:40 | 人物・ポトレ