ブログトップ

Works in the Shell annex @ まったり

shellannex.exblog.jp

Shell ノ タメノ 自作自演 ついった→ @WitShell

D3 普通のフィニッシング

ハイ、こんにちは! Shellです!

普段パリパリ貼っている画像は、あんまり真面目に仕上げていません。
性格がアレなものでして…… だいたい汎用パラメータを一発掛けして
そこからちょっと、トーンカーブをいじるくらいです。ゾンザイでしょう? ええ、そのとおり。

今回は、もう少し真面目にD3の画像をいじってみようということで。

c0157702_4204795.jpg


これが出来上がり画像。
他人のフィニッシングはなかなか気になるところでしょうから、
上手くはないけれど、晒してみましょう。
記事の長さ的に、すっ飛ばしですけれど。

RANKING挑戦中 ←お気に入りいただけたら、1日1回、クリックしてください
人気ブログランキングへ



さて、撮ってだしがこんな具合。

c0157702_4232521.jpg


鼻と頬がトビ気味ですが、ここはいざとなったらRAWの粘りに頼ることにして、
撮影時にプラス補正をしています。顔全体がアンダーになると、
後から持ち上げても、どことなく色が濁りがちなので……
「ハイエストが飛びかけ!」 くらいの所で収めるようなチャレンジです。
コンパニオンさんの写真は、これくらいの方がイベの雰囲気をかんじますしね!

Tam28-75/2.8を、1/60、F3.2(絞り優先オート)、ISO800。露出補正が+0.7で、
フラッシュはTTL-BLのオートで成り行き。WBやピクチャコントロールはナイショ。

アンダー気味に撮ってRAWで仕上げていた時と違って、最近では
できるだけ、自分の技量の範囲で、jpegで見られる画像にしようとしています。
でも、時間に余裕がないコンパニオンさん撮影では、これくらいが私の限界!
ホワイトバランスも、毎回考えてたら頭おかしくなっちゃいます(笑)

c0157702_4272467.jpg


現像を開始。フォトショというかadobeのソフトにアレルギーのある私は、
今のところCapture NX一筋です。フォトショなしで簡易な部分レタッチができるので、なんとなくなりゆき的に使っています。

ピクチャコントロールと、ホワイトバランスを調整した後に、
いったんRAWから-1/3段程度露出を下げて、
トーンカーブで明るさとコントラストの微調整をしています。
この段階では色は薄めですね。派手なところに目が慣れると、色は抜きにくいですが、
地味なところから少しづつ足すほうが、シロウト的には楽なので。

c0157702_4304090.jpg


さらに、これはNX用語になってしまいますが、
カラーブースタで色を少しのせて、LCHエディタの明度でコントラストを微調整。
さらにLCHエディタの彩度で、赤から黄色らへんの彩度だけを微妙にあげてます。
構図もちょっとトリミングして切り詰め。
これくらいの、割とナチュラルかな? という画を作っておいて……

c0157702_4333182.jpg


もう一回、最初のピクチャーコントロールから見直していきます。
コントラストをあげて、ホワイトバランスを少し寒くして、発色も全体に派手にします。
答えは無いと思うので、適当なところで切り上げて。


c0157702_4204795.jpg


強い影が出ている部分のボカシ処理や、USMなどをおこない、
最後に、ソフトフィルタをかけてなじませて出来上がり(トップ画像と同じ)

あまり後から作りすぎても(写真撮影としては)面白くないので、
できるだけ汎用パラメータに落とし込めるようにしたいものです。


やり終わってから、これがISO800だったのか! と気がつくところがD3の楽しいところです。
ISO800の割りに綺麗とかそういうレベルではなくて、
ISO200等の基準感度との差が、見比べないと解らないというレベルですからね。

それでは、長い記事をご覧頂いてありがとうございました!

RANKING挑戦中 ←お気に入りいただけたら、1日1回、クリックしてください
人気ブログランキングへ
[PR]
by shellaneko | 2008-01-26 04:41 | 機材・撮影